ガルチャの報酬をAmazonギフト券にしたら確定申告不要?

mailladychatlady

ガールズチャット(ガルチャ)は、Amazonギフト券でも報酬が受け取れます。

商品券なら、税務署にもバレずに、確定申告しなくても良いのでは…。

その疑問にお答えします。

ガルチャの報酬の受け取り方は2種類

mailladychatlady

ガールズチャット(ガルチャ)は、報酬をしっかりと支払ってくれる安全なメールレディサイトです。

その受け取り方も特徴的で、

  • 銀行振り込み
  • Amazonギフト券に交換

と言う2種類があります。

通常は、銀行振り込みだけなので、Amazonギフト券で受け取れるのは珍しいですね。

ところで、ガルチャのお給料を、Amazonギフト券で受け取ると、何かメリットがあるのでしょうか?

ガールズチャットのメールレディが安全な6つの理由
ガールズチャットは、安全に稼げるメールレディサイトです。その6つ理由と報酬単価、現役パフォーマーによる口コミ・体験談と稼ぎ方のコツをたっぷり紹介します。登録前に、ぜひ読んでくださいね。

Amazonギフト券なら確定申告不要?

mailladychatlady

一説によると、ガールズチャットの報酬を、Amazonギフト券で受け取ると、
現金じゃないので、税務署にバレない。

と言うことは…。

『確定申告しなくて良い!』

ちまたでは、こんなウワサが、まことしやかに囁かれているとか…。

残念ながら、このウワサは正しくありません。

キッパリ言っときます。

そんなことは絶対にありません。

Amazonギフト券であっても、メールレディの報酬です。

確定申告で言うと、クレジットカードのポイントですら、利益になるので課税対象だと言う税理士もいます。

国税庁や税務署にも、課税対象だという職員もいます。

ましてや、ガールズチャットの報酬は、Amazonギフト券で受け取っても、れっきとした収入です。

しっかりと確定申告してくださいね。

あなたの報酬はいくらなのか、税務署はきっちり把握しています。

メールレディサイトは、誰にいくらの報酬を支払ったかを、税務署に申告しています。

これは、ガルチャに限らず、どこのメールレディサイトでも同じです。

そうでないと、メールレディサイト自体の利益が増えるので、多額の税金を納めなければなりません。

確定申告するから、税務署に報酬額が知られるのではありません。

申告漏れや脱税で追徴課税されないために、確定申告をすると言っても過言ではありません。

いくら稼ぐと確定申告が必要なの?

mailladychatlady

ガルチャに限らず、メールレディ、チャットレディで稼ぐと、確定申告の問題が出てきます。

あなたが、旦那さんやご両親の扶養に入っている場合とそうでない場合で、確定申告の必要の有無が変わります。

旦那さんやご両親の扶養になっている場合

  • 年間38万円以上の所得で確定申告
  • 所得=収入-必要経費

扶養親族の控除額は、38万円です。

メールレディの所得が、38万円以上になると、確定申告が必要です。

所得とは、収入から必要経費を引いた金額になります。

例えば、メールレディの収入が50万円あっても、必要経費として15万円認められれば、
50万円-15万円=35万円
所得は35万円となるため、確定申告は不要です。

メルレ以外に103万円以上所得がある場合

mailladychatlady

  • 年間20万円以上の所得で確定申告が必要
  • 所得=収入-必要経費

あなたが、本業で103万円以上の所得がある場合
メルレを含む副業で、年間20万円以上の所得があれば、確定申告が必要です。

メールレディをしていることが会社にバレるのは、給与以上に住民税の額が上がるからです。

メールレディをしていること自体は、バレません。

しかし、副業で何かの収入があることは、給与計算している人にはバレてしまいます。

でも、安心してください。

確定申告の時に、住民税の徴収を『普通徴収』にチェックを入れると大丈夫です。

副業の住民税の請求は、会社ではなく、あなた個人に送られていきます。

銀行やコンビニで、住民税を払い込む手間は増えますが、会社に副業はバレません。

メールレディの確定申告は簡単

mailladychatlady

『確定申告って、面倒で難しそう。』

そんな声が聞こえてきそうですね。

確かに、確定申告は邪魔くさいです。

電子申告が分からなければ、行きなれない税務署に行かなければなりません。

でも、安心してください。

メールレディの確定申告は、

  • メールレディ専用のクレジットカード
  • メールレディ専用の銀行口座

この2つのものを用意すれば難しくはありません。

メールレディ専用のクレジットカード

mailladychatlady

メールレディやチャットレディ専用のクレジットカードを、1枚作ります。

メールレディやチャットレディで必要なものは、全てこのクレジットカードで購入します。

メールレディ用のウィッグやカラコン。

洋服やストッキングなども、チャットレディや画像・動画に使うなら、必要経費として認められます。

スマホの付属品も、必要経費になります。

とにかくメールレディで使うものは全て、このクレジットカードを利用します。

その代わり、メールレディやチャットレディと関係ないものは、一切利用しないでください。

毎月、クレジットカード会社から利用明細書が届きます。

利用明細書に、何を買ったのか忘れないように、鉛筆でメモしておきます。

その利用明細書は、1年分大切に保管しておいてください。

メールレディ専用の銀行口座

mailladychatlady

メールレディ専用の銀行口座を作ります。

普通の銀行でもネット銀行でも構いません。

メールレディ・チャットレディの報酬は、全てこの銀行口座に振り込みます。

何社も掛け持ちしていても、全てこの口座に振り込み指定します。

そして、先ほどのメールレディ専用のクレジットカードの引き落としも、この口座にします。

この口座は、メールレディ・チャットレディ関係以外には、一切入金も出金もしないでください。

これで、この口座の通帳は、あなたのチャットレディの帳簿(元帳)代わりになります。

この通帳と、クレジットカードの利用明細の1年分をもって、税務署に行きます。

そして、税務署の職員に通帳と利用明細を見せて、確定申告したいと言えば、丁寧に教えてくれます。

副業が会社にバレると困る人は、住民税を『普通徴収』にしたいと言えば、チェックする欄も教えてもらえます。

税金を納めるのですから、税務署の職員をフルに利用しちゃいましょう。

トップへ戻る